らくぶろぐ(楽blog)

人生も仕事も子育ても家事も、楽に楽しくをモットーに情報を集めて発信していきます。

注文住宅を作ろう


 マイホーム計画です。
 今のご時世、注文住宅を作る人は本当に少ないそうです。不動産屋さんがおっしゃっておりました。
 そんな僕がなぜ注文住宅にしたか。ピンポイントでこの街のここに住みたいって願望があったからですね。そんなピンポイントな場所に土地が売り出されたので買っちゃったわけです。
今回からの記事は誰得な記事ではなく、あくまで個人的な忘却録的になるかもしれませんが、家を建ててく過程で大切にしたことなんかを書いていきます。


1.土地の購入

f:id:akategu:20210121143615p:plain

 僕の場合はここに住みたいと願望があったので近隣の土地が売りに出されないか毎日チェックしてました。
 たまたま条件にあった土地が格安で手に入りました。値段は相場の半額くらいでしょうか。まぁ、安い理由があったのですが。
 ひとつは相続関係の土地だったのです。僕も祖父の家を処分する時に立ち会ったのですが、相続関係で面倒だから早く土地を売却したいって多いと思います。購入したのはそんな土地でした。実際不動産屋さんとの話で、もしすぐに売れなかったら不動産屋さんが購入して分譲会社なんかに相場の値段で売る予定だったそうです。ラッキーです。


2.工務店探し
 土地が決まったら工務店探しです。ここで注意なのですが、土地を買う時に条件付きなどと記載があり工務店を指定されてる土地も多いです。そうなるとせっかく格安な土地が見つかっても建物の値段が高くついてしまうかもしれません。
 実際僕が買った土地も条件付きでした。そこは交渉です。不動産屋さんと交渉し、いろいろ工務店を選べるようにしてもらいました。
 実際工務店によって値段はぜんぜん違います。同じ広さ、間取りでも1000万くらい代わります。例えば建物の値段にキッチンの値段が入ってるか別かも工務店によって違います。
決して値段が高いのが悪いわけではありません。値段が高く有名な工務店は実績や信頼もありますし、いい素材を使っていい家を建ててくれると思います。個人の事情や何を重要視するかで決めていくといいと思います。

 では、次回からは実際に間取りなんかを考えていきたいと思います。

子育てしてると本を読む時間がないぜ。そんな時のKindle達〜 Kindle oasis

 

 僕は読書がとても好きです。子育てでなかなか時間が取れない中でもやっぱり本が読めないと辛い。そんな時に出会ったのが電子書籍Kindleでした。

 

f:id:akategu:20210121091832p:plain



 そんな僕は、今ではKindleの最上位モデルを所持し、Kindleの読み放題に加入。本、漫画、雑誌などは全てKindleで読んでいます。また、隙間時間にiPhoneで読むことも多く、子育ての忙しさの中のちょっとした癒しになっています。
 忙しい日々の中ではありますが、便利に読書を楽しみませんか?

 

f:id:akategu:20210121092317j:plain


1.Kindleは最高に読書に適したデバイス
本好き。本が読みたいならKindleは買っていいと思います。スマホタブレットでもアプリを 使って電子書籍を読むことはできます。しかし、快適さが違うのです。
まずは目に優しい。これはKindle端末をレビューしている人のほとんどが口を揃えて行っていますね。Kindle端末は普通のディスプレイとは違うのでまるで本物の紙の本を読んでいるように、目に負担がありません。
●場所を選ばずに読める
 上記したように、Kindleは画面がディスプレイとは違うので画面の反射が少ないです。なので、外の太陽の下でも快適に読むことができます。また、最近のKindleであれば防水です。お風呂の中でも快適です。たまの一人風呂の時にKindleで読書なんて最高です。
 そして僕がいいなと思ったのが、子どもにあんまり邪魔されない。スマホタブレットで子どもの前で読んでいるとどうしても子どもが「貸して〜」と来てしまいます。しかし、読書しかできないKindleは小さな子どもにはあまり魅力的に映りません。結構子どもに邪魔されずに読書することができます。

 


2.アプリも最高
これまで端末で読むことをおすすめしてきましたが、アプリで読むこともすごく快適です。子 どもの前だとスマホなどは取られてしまうのでアプリでは読みませんが、仕事の合間など、子どもがいない時はアプリで読むことも多いです。きちんとネット環境で同期しておけば続きから読むこともできます。
 また、地味に便利なのがiPhoneなどの備わっている読み上げ機能です。設定すればiPhoneの画面上の文字を読み上げてくれます。私はこれをイヤフォンをつけ、聞く読書をしています。移動中や家事をしている時、子どもを寝かしつけている時など、隙間時間に読書を楽しむことができます。

 

 

Kindle

Kindle

  • AMZN Mobile LLC
  • ブック
  • 無料

apps.apple.com


3.おすすめのKindle端末
 今、現行のモデルで私がおすすめするモデルは最上位モデルのoasisです。
 とりあえず公式のスペックはこんな感じ。

 

f:id:akategu:20210121093014p:plain

 

 正直、快適に読書をとお言うならホワイトペーパーで十分です。容量も解像度もoasisと変わりません。便利な防水機能もついてます。しかし、読書好きで、Kindleで本をよく読む人はoasisの方がより快適に使用できると思います。本好きにはたまらないですね。
まずは画面のサイズです。ホワイトペーパーは6インチですが、oasisは7インチ。文章のみの本を読むときには6インチでも十分ですが、漫画などは7インチだと快適度が違います。雑誌なんかもギリギリ読めると思います(写真メインの雑誌は厳しいですが)。
 あとはページ送りボタンですね。これが地味に便利です。お風呂の中など、濡れた環境だとより快適にページを送れます。
 そして一番はそのボディの美しさです。他のKindleにはないアルミの洗礼されたボディ。研ぎ澄まされた薄い画面。美しいデバイスは毎日触りたくなりますね。僕もホワイトペーパーからの乗り換えなのですが、その美しさに毎日持ち歩きたくなりました。oasisはかなり完成されたデバイスだと思います。

  

 

 読書がしたいけど、なかなか集中して時間が取れない人や、なかなか本を持ち歩けない人は、ぜひKindleでの読書を試してもらいたいです。
読書がいっそう好きになってくれたら嬉しいです。

アレルギーのうちの子に対応レシピ カレー

 アレルギー(卵、小麦粉など)がある我が家の子どものために、僕が工夫しているレシピを紹介して行きます。同じようにあれこれ工夫している人の参考になったら嬉しいです。

 

 と言っても、今回は手抜き料理です。我が家では仕事の都合で、今日は料理を作っている時間がないな〜という時や、面倒くさく、だらけたい時の定番料理。普通の家庭でも鉄板の料理ではないでしょうか?そう!カレーです。

 

f:id:akategu:20210115133252j:plain



 しかし、カレーは小麦粉アレルギーの人にとってはかなりの天敵。外で食べるなんて絶対無理!(CoCo壱とかファミレスは低アレルゲンカレーあるよ)スーパーのカレールーコーナーを見ても小麦粉を使っていないカレールーなんてなかなか売っていない。赤ちゃん用の低アレルゲンカレールーはあるけど、それだと大人はなかなか満足できないですよね。量も少ないし。

 僕もカレーは悩んでいました。しばらくは自分で自家製の米粉ルーを作っていたのですが、お手軽料理とはほど遠かったです。そこで出会ったのが、我が埼玉が誇るスパイスメーカー。井上スパイスの米粉のカレールーです。スパイスメーカーが作っているだけあってとてもおいしい!そして、一袋でたっぷり6皿(大人の大きさ)分ものカレーが作れる。そして、甘口もある! うちは1歳から食べていました。このカレールーはほんとにおすすめ。常にストックがあります。小麦粉アレルギーの子がいるご家庭はぜひ試していただきたい。

 

 

 前置きが長くなってしまいましたが、我が家のズボラカレーのレシピをご紹介。

 

玉ねぎ、にんじん、ジャガイモ(うちでは甘みを出すためにさつまいもの時も)、その他お好きな野菜(ピーマンやナス、ブロッコリーなんかがおすすめ)を一口大にカット。
豚肉と共にホットクックに投入。
上からカレールーを振りかける。
水を800ml入れる。
あとはカレーのメニューを選んでスイッチを入れるだけ。
約45分ほどで完成。
その間は子どもと遊んでます。

 まぁ、ホットクックが便利って話なんだけどね。でも、ほんとに井上スパイスの米粉のカレールーはおすすめ。ぜひ、試していただきたい。本格的なカレーを低アレルゲンでぜひ!!

一人の家事のお供にAlexaさん echo show5

 

f:id:akategu:20210115132152j:plain

 いや〜。echo showサイコーっすよって話です。
 気に入りすぎて現在2台使ってます。まぁ、セールで買えば5000円くらいで1台買えるので、皆さんぜひ。


 今回はそんなechoの僕的な使い方と、使っててよかったなと言ったメリットの話をしていきたいと思います。

 

 

我が家でのecho show5の使い方

 うちでは2台のecho show5が活躍しています。それも2つともすごく近くで。
 1台はテレビの横です。これは家族みんなで使っています。主にリモコンとしてやフォトアルバムとして使用しています。たまに子どもと音楽を聞いたり、祖父や祖母にテレビ電話したりもします。子どもも使える端末としてテレビ横に置いています。
もう1台はキッチンです。これはほとんど私専用です。
主夫(主婦)にとって、1番長くいる場所ってキッチンだと思います。言い過ぎかな?
そんなキッチンのお供にechoはとてもいい相棒になってくれます。

 

f:id:akategu:20210108115512j:plain


最高の相棒1 家事をしながら音楽や映像を楽しむ。

 料理や洗い物をしながら音楽や映像を楽しむことができます。これはすごくいい。キッチンで家事をしてると結構孤独なんですね。それに、普段の時間でなかなか自分だけのアニメや映画を見る機会ってなかなかないので、家事の時間が自分の時間になります。

 

f:id:akategu:20210108115339j:plain

 

最高の相棒2家事のサポート

 アレクサは家事のサポートをしてくれます。レシピを調べる。本格的に調べるならスマートフォンタブレットを使う方がいいのですが、軽い調べ物ならechoで充分です。僕は結構「あれ?回鍋肉ってどんな調味料をどれくらい入れるんだ?」みたいなときにパッと調べる時に使います。
 あとはタイマー。これは了解している時はかなりの頻度で使いますよね。私は普通のタイマーとアレクサの二台体制で使ってます。
 地味に便利なのが買い物リスト。家事をしてるときに「これ、もう少しでなくなるから買わないと」って多いですよね。けど、いざ買い物に行ったときに思い出せなくてモヤモヤなんてよくありました。アレクサなら「しょうゆ買い物リストに入れといて」と言うだけで覚えておいてくれます。買い物の時はスマートフォンのアプリでリストを確認するだけ。

 

f:id:akategu:20210115132451j:plain


 

 家事をする上でecho showがあるとすごく心強いです。男性はこのようなガジェット好きな人も多いので使ってる人も多いと思います。でも、ぜひ主婦の方にもキッチンで、家事のお供として使っていただきたく紹介しました。
旦那さん。プレゼントしましょう。

 

ちょっとイマイチなところもあるので個人的な意見を少し。


 電源コードがでかい。もう少し小さくならなかったのかな?ただでさえキッチンはコード激戦区なので。
あと、YouTubeが見にくい。YouTubeはアプリでなくプラウザー経由で再生されるので操作しにくいんです。まともに見れるのはプライムビデオくらいですね。
我が家だけかもしれいなのですが、電子レンジの電磁波の干渉を受けます。レンジをガンガン使ってる時はWi-Fiが途切れます。(レンジの近くに置いてるのもいけないのですが)

 

 でも、サイコーのデバイスです。コストパフォーマンスもめちゃくちゃ高いです。
本当にオススメなデバイス‼︎

 

魔法の鍋との噂は本当だった! 一押し家電ホットクック

 

f:id:akategu:20210108115604j:plain

 

 

 

 フルタイムで働いていて、一番どう時間を捻出しようか悩んでいたのが、料理の時間でした。自分だけならコンビニや惣菜なんかで済ませてしまうでしょうが、子どもがいるとそうはいかない。ましてや、うちの子はアレルギー持ち。惣菜などの出来合いのものはほとんど食べれないのです。なので、きちんと手作りは必須。しかし、時間が、時間がないのです。

 

f:id:akategu:20210108115117j:plain

 我が家の晩御飯の時間は19時あたり。僕の退勤時間が17時ごろ。そこから保育園の迎えに行き、家に着くのは平均して18時半。つまり、料理の時間は30分しかないのです。そこで悩んだ末、導入したのがホットクック。とにかく高い!電気調理家電でこの値段はやばいです。一番悩んだポイントもそこ。

 

f:id:akategu:20210108115207j:plain


 結果としては勝手大正解でした。
まずはホットクックのレビューをメリット、デメリットに分けて紹介します。

まずはデメリットから

 高い。とにかく高い。今後2人の子どもの食べる量が増えることを考えて大きいサイズを購入したのですが、普通に50000円とかします。電気調理機にこの値段はなかなか躊躇しますね。
そして大きい。写真で見るより、ずっと大きです。置き場所に困る。一軒家の広いキッチンなら問題はないかもしれませんが、アパート生活の時はなかなかに大変です。他にもキッチンには炊飯器とかの家電が並んでますからね。
個人的なデメリットは色。赤って!(白もあるけど人気なので売ってなかったり、高かったりします)。普通に黒とかでもいいんじゃないか?
と、デメリットを並べてきましたが、それを吹き飛ばすメリットがあるのです。

 

f:id:akategu:20210108115512j:plain

メリット

 調理がまじで楽。

 

f:id:akategu:20210108115339j:plain

 

 これにつきます。本当に具材を入れてスイッチを押すだけですから。後は名前の通り、ほっといてもおかずができてしまうのです。ホットクックが  火加減なども自動でやってくれるので気にしなくてオッケー。その間に鍋から離れて別のことができるのです。洗濯などの他のことをするのも良し。もう一品作るのも良し。
そして、調理が楽だと料理に取り掛かるハードルが下がるのがありがたいですね。僕自身結構料理するの面倒くさいタイプなのですが、ホットクックが来てからは少し気持ちが前向きになりましたね。事前に仕込んでおけば1品すでに出来てる。これは気持ち的にかなり大きいです。
全てのママさん、パパさん(それだけではないけど)にとってどれだけ家事の負担を減らせるかは大きな問題だと思います。そんな、多くの人にとって力になる家電だと思います。もちろんデメリットも大きいですが、僕は導入してよかったと心から思ってます。ぜひ、参考になったら嬉しいです。

 

小麦アレルギーだけどドーナツ食べたい!! そんな時。

 こんにちは。いさみです。
 うちの長女は卵と小麦粉のアレルギーです。なので、基本的には長女の食べ物に合わせることが多いです。ご飯を食べる分にはそこまで苦労することはないのですが、一番困るのはデザートです。

 

f:id:akategu:20210106140109j:plain


 基本、ケーキは自作します(米粉で)。と言っても、ケーキを作る時なんて、誕生日かクリスマスくらいなものです。普段のおやつやデザートはアイスやチョコなんかで事足ります。
けど、たまにはドーナッツ食べたくなりますよね?
 しかし、子どもの前で自分だけドーナツを食べるわけにはいかない〜。

 

 そんな葛藤の中、新しい情報を仕入れたので、ぜひ、共有したいと思います。

それは、我らがドーナツ界の救世主! ミスタードーナツさんです。
実は、ミスタードーナツではアレルギーフリーのドーナツが販売されていたのです。

www.misterdonut.jp


 これです。

 早速購入してみました。

 見た目はこんな感じ。

 

f:id:akategu:20210106140021j:plain

f:id:akategu:20210106140042j:plain

 2個入りと聞いていたのですが、意外と小さい。これ一袋で普通のドーナツ1個分くらいかもしれません。ご注意を。

 そして、冷凍で販売されているので、すぐには食べれません。(レンジで解凍できるようですが)なので、「ドーナツ食べたいな」とふらっとお店に入って食べることは難しいです。
しかし、テイクアウトなどして、家に帰り、家族みんなでミスタードーナツを楽しむことができるのは嬉しいことですね。

 

 味は……。今度子どもに聞いておきます。

Apple Watchレビュー  子育てには欠かせないデバイス!

 

 僕がiPhoneの次に使うようになったApple製品はApple Watchです。今でも毎日使う製品です。そして僕がApple製品を好きになるきっかけになった製品でもあります。

 

f:id:akategu:20210106121429j:plain


 この製品は仕事でもかなり活躍する製品なんですが、子育てでもかなり活躍してくれます。Apple Watch のおかげで、僕は子どもとの関わり方がかなり変わりました。

 

 

きっかけは子どものスマホ依存


 子どもはスマホ大好きですね。親が常に触っているので、子どもも早いうちから興味を持つのでしょう。うちの長女も0歳からスマホに夢中になり、すぐに操作を覚えて使うようになりました。今ではiPadを使いこなし、YouTubeで映像を見たり、写真を眺めたり、LINEで電話をしたりしています。そんなスマホ大好きな娘ですから、親がスマホをポケットから取り出すと「貸して貸して」となってしまいます。なんとかできないかなと思って目をつけたのがApple Watch でした。Apple Watch Series 3が2万円台で買えたのも購入に踏み切ったきっかけになりました。

 実際にApple Watch は子どもの関わりに大きく影響を与えたと思います。そして、他にも様々な恩恵を与えてくれました。

f:id:akategu:20210106121400j:plain

 

一番は通知!iPhoneから解放される

 Apple Watch が手首にあると、iPhoneの通知をApple Watchが受けてくれます。iPhoneを取り出さなくても、重要な通知か、そうでないかが判断できます。子どもの前でiPhoneを取り出す回数はかなり減りました。そのため、お出かけ中に子どもがスマホを欲しがることはほとんどなくなりました。また、今までiPhoneの通知ではうまく活用できていなかったものを活用でき、便利になりました。
子どもと公園で遊んでいる時、Apple Watchに通知が。「雨雲が近づいています」おっと。洗濯物を出してあるから急いで帰ったほうがいいな。なんてことがおき、通知をうまく活用するようになりました。
カレンダーのリマインダーなんかも全てApple Watchで受けます。これは仕事でも活躍できました。「この後は会議が入ってる」「14時から来客の予定だ」など、予定を見逃すことがなくなりました。これは子どもの予定も同じです。また、僕はtimetreeというアプリで家族の予定を共有しているので、Apple Watchで子どもや奥さんの予定も把握することができて便利です。

 

f:id:akategu:20210106123234j:plain

 

子連れの買い物。鬱陶しい会計がスムーズに

 Apple Watchが便利だと感じた2つ目は支払いです。僕の場合はほとんどをSuicaの支払いで済ませています。
子どもとの買い物は何かと大変です。歩き疲れ、甘えたい子どもが抱っことせがんでくることも多いです。そんな中、財布を出して支払いをするのはとても大変です。そこで、僕は基本的な支払いをApple WatchSuicaで払うことに切り替えました。これはかなりスマートです。子どもを抱えていても腕を近づけるだけで支払いができてしまいます。SuicaであればApple Watch側の操作も不要。支払いの機械に近づけるだけで支払いができてしまいます。これは革命的便利さでした。

 

f:id:akategu:20210106121606j:plain

 

ハンズフリー通話

 Apple Watchの便利機能で欠かせないのが電話が取れるところだと思います。これがあればいつでも手元だけで電話が取れちゃいます。周りに丸聞こえなのは注意が必要ですが、家族との電話なんかは子ども絡めてみんなで通話が出来るので逆に便利かも。それがiPhoneを取り出さずにできてしまうのですから。子どもを抱えての移動中とか、なかなか手を離してiPhoneを取り出すことは大変なことです。僕的にはかなり便利な機能でした。

 

 

細かな機能だけど手元にあると便利

f:id:akategu:20210106123446j:plain

 

 すごく細かい機能だけどすぐ手元にあるだけで僕的にすごく便利な機能をを紹介したいと思います。
懐中電灯機能…Apple Watchの画面を明るく光らせてくれる機能です。地味に便利な機能。スマホでは当たり前に使う機能かと思いますが、Apple Watchについていることですごく便利に使えています。子どもが寝静まった寝室で動きまわる時です。スマホのフラッシュほど明るくないので子どもを起こすことがまずないこと。必ず腕についているので暗闇でも見失うことがない事がとても使い勝手がいいです。
アラーム…これも手首についていることでグッと便利になった機能です。普通に朝起きる時も便利なのですが、一番は子どもの寝かしつけの時ですね。音を出さずに手首の振動で起こしてくれるので

  

 

 ぜひ、皆さんApple Watchを導入し、便利で快適な生活を送りませんか?

 しかし、これは私の体感(色々な人に勧めてきた)なのですが、Apple Watchはハマる人とそうでない人が別れる製品だと思います。上記したように生活が便利にはなりますが、便利さが地味なので劇的な変化も感じにくい製品かと思います。

 高価な製品でもありますので、ぜひ色々調べて購入を検討してみてください。