らくぶろぐ(楽blog)

人生も仕事も子育ても家事も、楽に楽しくをモットーに情報を集めて発信していきます。

注文住宅を作ろう


 マイホーム計画です。
 今のご時世、注文住宅を作る人は本当に少ないそうです。不動産屋さんがおっしゃっておりました。
 そんな僕がなぜ注文住宅にしたか。ピンポイントでこの街のここに住みたいって願望があったからですね。そんなピンポイントな場所に土地が売り出されたので買っちゃったわけです。
今回からの記事は誰得な記事ではなく、あくまで個人的な忘却録的になるかもしれませんが、家を建ててく過程で大切にしたことなんかを書いていきます。


1.土地の購入

f:id:akategu:20210121143615p:plain

 僕の場合はここに住みたいと願望があったので近隣の土地が売りに出されないか毎日チェックしてました。
 たまたま条件にあった土地が格安で手に入りました。値段は相場の半額くらいでしょうか。まぁ、安い理由があったのですが。
 ひとつは相続関係の土地だったのです。僕も祖父の家を処分する時に立ち会ったのですが、相続関係で面倒だから早く土地を売却したいって多いと思います。購入したのはそんな土地でした。実際不動産屋さんとの話で、もしすぐに売れなかったら不動産屋さんが購入して分譲会社なんかに相場の値段で売る予定だったそうです。ラッキーです。


2.工務店探し
 土地が決まったら工務店探しです。ここで注意なのですが、土地を買う時に条件付きなどと記載があり工務店を指定されてる土地も多いです。そうなるとせっかく格安な土地が見つかっても建物の値段が高くついてしまうかもしれません。
 実際僕が買った土地も条件付きでした。そこは交渉です。不動産屋さんと交渉し、いろいろ工務店を選べるようにしてもらいました。
 実際工務店によって値段はぜんぜん違います。同じ広さ、間取りでも1000万くらい代わります。例えば建物の値段にキッチンの値段が入ってるか別かも工務店によって違います。
決して値段が高いのが悪いわけではありません。値段が高く有名な工務店は実績や信頼もありますし、いい素材を使っていい家を建ててくれると思います。個人の事情や何を重要視するかで決めていくといいと思います。

 では、次回からは実際に間取りなんかを考えていきたいと思います。