らくぶろぐ(楽blog)

人生も仕事も子育ても家事も、楽に楽しくをモットーに情報を集めて発信していきます。

洗濯の話 おすすめの洗濯機や楽する洗濯の方法

 家事の中でかなり大きな割合を占めるのが洗濯だと思います。と言うことは、人生の中で洗濯に割く時間がかなり大きいと言うことになります。そんな、ハードな選択を少しでも負担軽減することが、家事の負担を楽にすることに直結します。
 と言うことで、今回は僕が洗濯をどう工夫して楽にしているかと言ったお話をしたいと思います。

f:id:akategu:20210406113004j:plain

洗濯機選び

 洗濯機のお話です。洗濯機をどの機種にするかによってもかなり変わると思います。僕の結論としては、家族が少ない人はドラム式を買っておけばOKかなと思います。しかし、我が家はあえての縦型を使っています。家族が多い人、洗濯物が多い人は縦型がおすすめ。
 その理由は、安い、容量がでかい。これです。子ども達がまだ小さいので服を沢山汚します。保育園に行っている日などは10着ずつは汚してきます。そして大人のものも洗濯するとなると結構容量がないと一度に洗えません。なるべく1日1回で納めたいので縦型の容量のでかいものを買いました。縦型のデメリットとしては乾燥機能が弱いところでしょうか。けど、乾燥はきちんとできます。

 

インバーター洗濯乾燥機 NA-FW100K8 | 商品一覧 | 洗濯機・衣類乾燥機 | Panasonic


 そして大きい理由は安さです。ドラム式が20万するのに対し、縦型は同容量で10万円ほどで買えます。そして、浮いたお金で僕は洗濯機のグレードを上げました。洗剤を自動で投入できる機種を選びました。この機能も地味に便利ですね。汚れる可能性も抑えてくれます。

洗濯干し


 完全に洗濯機の乾燥機能をと言いたいですが、それは無理です。まず、洗濯機では乾燥できる容量が小さいので一度に全ては無理です。複数回回せばいいのですが、それも時間がかかるので大変です。そこでうちでは大きものは干し、小さいものは乾燥機です。小さいものの方が干すのに手間がかかると考えたからです。具体的に干すものは大人の服、タオル類です。子供服や布巾などは乾燥機です。

f:id:akategu:20210406113131j:plain

洗濯たたみ


 たたむことはかなり面倒くさい。と言うことで、僕はほとんどたたみません。それで全然生活できます。たたんでいるものはタオルのみ(タオルだけ見えるように収納しているから)。まず大人の服はハンガーに干してあるのでそのままクローゼットに移すだけ。掛ける収納です。子ども服は子ども達が自分で着替えができるようにリビングに引き出しを置いているのですが、畳まずにそのまま突っ込んでいます。子どもごと、種類ごとに引き出しを分け、後はどかっと入れるだけ。どうせ子どもがぐちゃぐちゃにしてしまうので。それに子供服はあまりシワとか気になりませんから。

まとめ


 と言うことで洗濯をかなり簡素化しています。洗濯物をまとめて洗濯機に突っ込み、ボタンを押す。大人の服とタオルだけ取り出し、干す。後は乾燥機能。大人の服はそのままクローゼットに、子ども服は乾燥機から出して引き出しに突っ込む。タオルはパッとたたんで棚に収納。これだけです。以前は全部干して、全部たたんでいたのでかなり簡素化できたと思っています。
 


 洗濯はとても大変な家事です。少しでも簡素化し、時短につなげたいですよね。参考になったら嬉しいです。